賃貸マンションの種類

賃貸と分譲の違いとは

価格

賃貸マンションの種類について

賃貸マンションには種類があります。「分譲」とは、建物全体のオーナーではなくその部屋が購入した人(オーナー)が、部屋を賃貸している形式になります。不動産間取り図で、「分譲」と記載されています。それに対して、「賃貸」とだけ記載があるものは建物全体が、オーナーが所有をしているものになります。同じ「マンション」でも、「分譲」の方が、設備等が贅沢になります。また同じマンションで、「分譲」で募集されて家賃が違っているのは、オーナーが違うからです。

不動産を賃貸するメリット

賃貸は賃料以外の金いらず。手間いらず。これは大きなメリットではないでしょうか。家を持つことは社会人にとって憧れと言えるかもしれません。しかし、家を持つことにより手間やリスクが増えることがあります。持ち家は自分で修繕しなければなりませんし、固定資産税を毎年払わなければなりません。地震や火事で家の一部が壊れてしまったとしても全て自分で修繕し、自分でお金を出さなくてはなりません。賃貸は手間も必要費用も少ないと言えるでしょう。固定資産税は貸主が払います。修繕の義務も借りている人間ではなく貸主が負います。

↑PAGE TOP