無理のない価格で住宅購入

住宅を購入するとき

価格

住宅の購入価格の目安について

住宅を購入するとき、価格は年収の5倍が目安とよく言われます。年収のうちどれだけをローンの返済にあてられるかは、その家庭の生活レベルや、家族構成、将来の子供の教育費などによっても異なりますので、こういった目安はあくまで一般論にすぎません。大切なのは、現在の生活スタイルや、将来の収入、支出を計算して、無理のない返済計画を立てることです。注意点として、住宅ローンでは年収の7倍くらいまで借りられるようですが、限度額いっぱいまで借りてしまい、返済ができなくなって家を手放すことになったら元も子もありません。やはり年収の5倍以内に抑えておいたほうがよさそうです。

価格だけで選ばないように

住宅を購入するときには、価格をよく考えるようにしなくてはなりません。いくら安くて自分の予算内のものだったとしても、あまりにも不便な場所にあるようなところは避けるようにしなくてはなりません。例えば、周りに住宅が全くないような場所だった場合にはどうでしょうか。子供が生まれれば遊ぶ場所はたくさんあったとしても、遊ぶ相手がいないかもしれません。周りに塾や病院などがなければ、遠く離れた場所まで通っていかなくてはならないのです。それでは交通費もたくさん必要になりますので、いくら安かったとしてもよく検討してからにしましょう。

↑PAGE TOP