住宅の素材の選び方とは

住宅を建てる際の知識

価格

住宅の価格は素材に依存する

一般的に住宅を建てる際の価格は使用する素材の影響を受けやすく、同じ条件下であれば木造よりも鉄骨、鉄筋で構成される建築内容の方が高額な傾向を持ちます。日本国内では高い耐震性が求められると同時に湿気にも強い構造が有利となるので、古くから豊富な資源を生かした木造建築が広く用いられています。ただし、集合住宅のように建物の規模が大きい場合は鉄骨や鉄筋で重さを支える事も重要となる他、地盤の状態や土地面積といった条件によってどの技術が適しているかは変わってくる理由から、必ずしも安価な木造が有利とは言い切れない点を考慮する必要があるでしょう。

価格と素材の種類について

住宅を構成する素材には大きく分けて3種類のものが存在しています。最も安価で柔軟性に優れているのは木造建築です。火災に弱いという特徴はありますが、住みやすい環境が人気の物件です。そしてより丈夫にするために軽量鉄骨を利用する場合もあります。価格が若干上昇しますが、強度という面では向上を見せると言えるでしょう。そして最も上手なのが鉄筋コンクリートの住宅で、一般にはマンションが該当します。非常にしっかりとした素材であり、防音性にも優れているという特徴を持っています。その分価格が高くなるという欠点がありますが、火災にも強いため環境的にはよいと言えるでしょう。

↑PAGE TOP